​もっとか

脊柱管狭窄症の手術、ちょっと待って。~改善例その2~


前回に続き、当院での脊柱管狭窄症の改善例をお2人ご紹介します。

②78才女性 元看護師・65歳退職

症状:腰痛は軽くあったが、突然、左下肢の全面と外側の痛み、つま先までのしびれ。

   立っていることも寝ていることもできなくなってしまった。

医療機関での所見・治療:脊柱管狭窄症(腰椎)、痛み止めの処方。手術を勧められる。

→当院への来院動機:手術をせずに治したい。当院のお客さんから紹介されお越しいただきました。

→当院での施術経過:初回お見えになったときはかなりつらそうでした。

3回目までは3日ごとにお越しいただきました。うつ伏せになれなかったので、仰向けか横向きでの施術でした。腰や足に触れるたびにつま先までビリビリ来るとおっしゃっていました。3回目の後は軽く運動ができるぐらいになったようです。

7~8回目までは週に1回ペースで来院。うつ伏せでの施術もできるようになり腰部のこわばりが一気にゆるんでいきました。腰椎部の神経圧迫が緩和され下肢の

以降は、月1~2回ペースでお越しいただき、調整しています。ご自身でも積極的にストレッチと軽い筋トレを取り入れ足腰強化に奮闘しています。続けていけば、再発することもなく、ずっと自分の足で生活していけるでしょう。

③89才女性 元病院での調理業務・68歳退職

症状:10年以上続く左側臀部と左大腿部背面の痛み。左ひざの痛み。間欠跛行があるが、最近は手押し車で100m歩くので精一杯。

医療機関での所見・治療:脊柱管狭窄症(腰椎)、痛み止め処方。10年ほど前に3回だけ神経ブロック注射。効き目はあったが、繰り返すのはよくないと思い、それっきりブロック注射はしていない。

→当院への来院動機:当院のお客様からのご紹介。車の免許がないので出張を打診された。当院は基本的に出張はしないが、「80歳以上であること」「1人暮らしであること」、など状況から判断し出張に応じることにしたため。

→当院での施術経過:5日~7日に1回のペースで、当院の空き時間に合わせていただき

出張整体をした。5回ぐらいまではほとんど変化がなかった。

6~7回目あたりから足の軽さを感じてもらえるようになってきた。運動をすすめるが、なかなか取り入れてくれない。

10回目あたりから、上がれなかった階段を上がれるようになってきた。300mぐらいは歩くことができるようになってきた。

以降は2~3週間に1回、こちらの都合に合わせて訪問し施術させてもらっている。

以上、60代・70代・80代と3名の脊柱管狭窄症が改善された例を紹介させてもらいました。

体に負担をかけずに、金銭的負担も低く、無理な時間的拘束もなく治っていったわけです。

もちろんその後のケアも大事なことは皆さんわかっているから、施術は頻度を下げながらも繰り返し、できる限り運動を取り入れているようです。

脊柱管狭窄症の方、ぜひご相談くださいませ。

#脊柱管狭窄症 #施術後の体の反応

さらに過去はアーカイブから
     ↓ ↓
アーカイブ
タ グ