​もっとか

首が動かなくなる人。

皆さんの周りにもいませんか。

周期的にまたは突発的に首がロックされて、右も左も向けなくなる人。

そしてひどい痛みが伴います。



やはりストレスがかかっている時に、

心配事が募っている時に、

季節の変わり目に、

周辺環境の変化にある時に、

などにこの方々は、朝起きると首が動かなくなっていることに気づき、

ひどい人は会社を2~3日休んだりします。


こういう人の首ってどうなっているんでしょう?


まずは元々の頸椎7個の(首の骨)の配列がよくありません。

どこかに飛び出ていたり、まっすぐ硬直状態だったり。

そこに来て交感神経がガンガン働くようなことが起きるので(仕事に生活に頑張っているので)、

頸部の血流障害により、頸椎の動きをさらに悪くしてしまいます。

また、首の筋肉で一番大きい僧帽筋の緊張由来も考えられます。

僧帽筋の緊張についてはとても話が長くなるので省略しますが、

簡単に言うと「自律神経において重要な要素」が含まれています。


このへんのファクター(要因)が重なって、首が動かなくなり痛みが発生します。


今朝、妻の首がこれに近い状態だったので、ブログに上げました。

朝5分しか時間がなかったので座ったまま僧帽筋の緊張を取ってあげました。

「あ、血が通い始めた」みたいなことを言ったので、(わかってるな)と思いましたが、

まあちょっと変化したと思います。


首が動かないと何もできません。

ぜひ、こころぷらすワタナベ整体へ。

さらに過去はアーカイブから
     ↓ ↓
アーカイブ
タ グ