​もっとか

ストレートネックがもたらす症状。

首の問題を抱えている方、たくさんお見えになります。

最近は、「ストレートネック」という首の状態を表す言葉も一般的に浸透してきて、


予約の方も、

「ストレートネックらしく、首が痛いです」

「ストレートネックなんですが、頭痛がひどくて…」

「ストレートネックと肩こりです」

「ストレートネックですが、指先にかけてしびれがあります」

と、訴えられる方が増えてきました。


まさに上記のような症状が現れるのが、ストレートネックです。


例えば、ストレートネックでなぜ頭痛が生じるのか?

いろいろなケースが考えられるけれども、

やはり頸椎と並んで走っている椎骨動脈の影響が大きいです。

特に、頸椎上部では椎骨動脈のラインが複雑に曲がってくるところに、首の固さ・頸椎のひずみで、より圧迫を招くことになる。

そこへ来て、気象の変化、ON・OFFの切り替えなどで、血流の緩急が激しいと頭痛を生じます。

やはりストレートナック由来ということになる。


例えば、ストレートネックの人はなぜ、肩こりがセットで出るのか?

頸部と肩(肩甲骨など)はあらゆる筋肉でつながっています。

僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋群などなど。

首が動かなければ(ストレートネックの状態です)、筋肉は硬化し、肩甲骨をロックし、血のめぐりが悪くなる。特に僧帽筋などは自律神経に影響するので、時には肩こりにとどまらず吐き気、めまい、便秘などの症状として現れることもあります。


現代人特有の首の状態がストレートネック。

早めに処置すると、楽になります。すっきりします。

首の状態を見させてくださいませ。

さらに過去はアーカイブから
     ↓ ↓
アーカイブ
タ グ