​もっとか

こんな方が整体受けてますシリーズ③  ~首まわりがつらいYさん~

40代女性、パート勤務、義母の介護、お子さんは大学生と高校生

主訴:首の左側から前にかけての張り・痛み、鎖骨まわりの痛み、肩から腰にかけて左側がの張り・痛み

全身に違和感ががありますが、特に左側に出るとのことです。

息が吸いきれない上に、のどの詰まり感も感じていらっしゃいます。


背中を触診していくと、背骨がほとんど動きません。

首はストレートで動きません。あごが引けてるから首の前側が詰まってくるのだと思います。

足がパンパンに固く、むくみもあります。


背中を丁寧に時間をかけてゆるませ(交感神経緊張から副交感神経優位に変化)、

腰から足にかけても緊張を取るために、オステオパシー手技を施します(腰の張りが取れる、むくみの解消)。

ここまで30分ぐらいです。

大事な後半戦、首まわりの調整に移っていきます。

首がガチガチなので前処置が必要です。前胸部の鎖骨から肋骨にかけての筋緊張を取り除きます。

さらに首・肩の表層で大きな筋肉・僧帽筋をゆるめます。

頸椎はまだ触っていないけど、これらの前処置をするとすこ~しだけ首に動きが出てきます。

頸椎の調整もオステオパシーです。椎骨一つひとつを丁寧に観察し、ずれているところを復位します。

首の後ろ(頸椎調整)や首の前側(細かい筋肉を意識して、鎖骨まわり、舌骨まわりの調整)を行ったり来たりしながら、首全体をゆるめていきます。

後頭部から頸部にかけての境目あたりも重要なポイントです。

最後に深呼吸をしてもらいながら調整をして、立ち上がってもらいます。


呼吸はかなり楽になっています。

肩・首はすっきりして動きが出ています(血流が改善しています)。


月2回の施術が必要なようですので、こころぷらす会員となっていただき、定期的に調整を続けさせてもらっています。

「息が吸える~」「腰が痛くない!」といつもおっしゃって帰られます。

さらに過去はアーカイブから
     ↓ ↓
アーカイブ