​もっとか

こんな方が整体受けてますシリーズ①  ~あらゆる関節が痛むSさん~

うちにいらっしゃるクライアントの方々の事例を紹介していきたいと思います。

頭痛、首痛、肩こり、腰痛、ひざ痛などが非常に多い主訴ですが、それだけの人たちは無数にいるので、さらに何か付加要素があったり症状が重かったりという方々をトピックとして取り上げていきたいと思います。そして現在進行形の方々だけを紹介していきます。


今回は、6月上旬から整体を続けている70代男性Sさん。現在も仕事をバリバリこなしている方です。

初めて体に触った時、どこを触っても動かしても痛んで施術に苦労したことを覚えています。

症状を列挙すると、「首の痛みで頭痛がある」「左肩が痛んで上げられないし、じっとしていても痛む」「右手指先がうまく使えない」「腰痛と関連して右足が痛く重だるい」「足に力が入らずふらふらする」

細かいことを挙げるともっとありますが、大体こんなところです。

長年この痛みと付き合ってきていて、本人曰く「整形外科やら接骨院やらハリやらセイタイやらカイロやら何やら行ったげんちょ、ぜんぜんダメだ!なんとかしてけろ!」

私はSさんのすがるような気持ちに応えたいと思い、

「施術は痛い時もあるけど少々はがまんすること」

「月2~3回の施術が必要」ということを前提に「Sさん回復プラン」が始まりました。

中長期的な施術が必要な方向けに料金の低減となる「こころぷらす会員」になっていただき、施術を月に3~4回とし、現在まで3カ月半が経過しました。


現状の結論から行くと、

「左肩の痛みは半減しているが後ろに手を回すときだけ痛い」

「頭痛は消えた」

「首の痛みが取れてきているが時々痛む」

「腰の痛みは半減しているがまだ残っている」

「足やおしりに力が入るようになってきたがまだふらつくときはある」


つまり、改善は見られるもののまだ完全回復とまではいっていません。

しかし、Sさんとよく話しますが「かなり動けるようになった」ということです。

この前向きになれることが大事で、長い歴史のある痛みだから少しずつではあるけれど改善している方向に向かっています。

Sさんは施術上の痛みにも耐えて、通ってくれて、ここまで来れた。

私は毎回のSさんの状態を見て聞いて、そして触診して、その都度できる最大限の手技を施しています。

完全回復なんていうのはあり得ないかもしれないけど、受者と施術者お互いが、状態の改善を確認できています。


ずっとこの仕事をしてきて感じることだけれど、

信頼関係みたいなことって治癒を早めるし、難しい症状も乗り越えられたりします。

そんな奇跡と軌跡をいくつか体験してきました。


人によっては仕事を休んで、医療機関で外科手術に及び、数十万円から百万円前後の費用をかけて、

結果、術後も痛みはとれず元に戻ったなどいう例も見受けられます。

手術は成功事例もたくさんあるから、決して否定している訳ではありません。

Sさんのように仕事をしながら整体を受けていくことで、筋肉、神経、血流などの状態が少しづつ改善し、回復に向かう方法もあるということ。


今後数回にわたって、今来ていただいている方の事例を紹介してきたいと思います。

整体にはいろいろな方が来るのです。

さらに過去はアーカイブから
     ↓ ↓
アーカイブ